過去の方法との違い

good teeth

ホワイトニングの歴史

笑った時に真っ白な歯が見えると非常に好印象を受けますので、歯を白くするホワイトニングを受ける方が多くいます。今や多くの方が行ったり興味を示した入るホワイトニングですが、デンタルエステティックいわゆる審美歯科という概念が誕生したのは1960年代のことです。それより前にも歯をミョウバンや酸などで白くすることを試みていましたが、現在のようなホワイトニングの概念が生まれたのは最近のことです。概念が誕生したころは大型のランプと過酸化水素水を利用したホワイトニングが行われていましたが、完了するまでに時間がかかるという欠点がありました。そこから研究を重ねられ歯科医院で行うだけでなく、ホワイトニング剤を用いたオフィスホワイトニングが登場し、1990年ごろには短時間で行えるものも登場しています。

今後どのようなになるのか

日々進化を続けるホワイトニングですが、わが国では15年ほど前から取り入れられるようになったといわれており非常に歴史が浅いです。最近では審美歯科を治療に取り入れる歯科医院も増えてきましたが、欧米などが90%以上の歯科医院でホワイトニングを受けることができるのに対してわが国では全体の半数にも満たない状況です。我が国ではまだまだ否定的な意見を持つ人も多く、今後はその意見が改善され需要がさらに増えることにより導入する歯科医院が増えるのではないかと予測されます。また欧米では100種類ぐらいのホワイトニング材が売られているのに対してわが国では2種類ほどと導入が進んでいません。そのために今後は認可される薬剤の種類が増え、ドラッグストアなどでも売られるようになるのではと予測されます。